M病院物語の本編は、ワタシが所長だったヘルパーステーション〇〇〇と同じく『休止』です。

えぇ、『廃止』ではなく『休止』だったんですよ、ヘルパーステーション〇〇〇。もしかしたら今現在、再開しているかもしれません。

さて、それでは今日は何を書くかというと、ワタシの手相・・・はもう飽きたでしょうから。

今回は『M病院物語外伝』として当時のデイスタッフ:ベルトーチカN本について、少し辛辣に書かせていただきます。

アイツが(いきなりアイツ扱い!!)介護職に復帰していると聞いて少し驚きました。

というのもワタシが6年前の3月に仕事を辞めて、その年の暮れ・・・思ってもみなかったことですが、実はアイツと遭遇しているのです。


競艇場で。


・・・なんで再会の場所がみんな競艇場なんですかね? そうそう知った人と会うような場所じゃないと思うんですが ( ̄0 ̄;)

その年は自分も退職1年目でいろいろ忙しかったんですけど、暮れに福岡では初開催の『クイーンズクライマックス(女子賞金王)』の大会がありましたので。それには足を運んだんです。

で、いつもの東スタンドで始まるまでマッタリしてたら、離れたとこから聞き覚えのある耳障りな声。見たらN本。


うわぁ~~~ (゚д゚;)


ですよ、こっちは楽しみに来てるのに (゚皿゚メ)

アイツはスカパーのレジャーチャンネル(競艇専門チャンネル)の勧誘員をやっていました。

「介護やめたんだ~ (*゚o゚*)」と思いましたが、まーそれはそれ。正直、関わりたくなかったんで。なるべく離れておりました。

で、その日は難なく過ごせたのですが、競艇は大体1シリーズ6日間開催。父母の見舞いがあるから毎日行く気はなかったのですが、行く日はヤツに気付かれないよう『イスラム国』みたいなマスクを被るようにしました。


次に行ったときでしょうか。お昼ごろにスカパーのブース近くを通りかかったところ、また例の耳障りな声が聞こえてきます。

見つからないように気をつけながら近寄ってみると、当然N本でした。現場の責任者らしきスーツを着た男性に、なにやら必死に訴えています。

聞き耳・・・を立てたワケではありません。あの声だから勝手に聞こえてきます。内容は・・・こんな感じでした。

「自分ばっかし仕事させられて、先輩はサボっている!! 今日も昼まで自分が働いて控室に帰ってきたら、先輩はゆっくりお茶を飲んでいた!! ハハハ、ハハハ、ハハハのハーっ!!」

よく最後に笑うよねアイツ。ってゆーか、


全然変わってねーな!! 懐かしい気分になったわ。 


アイツがサボっているといってた先輩は随分昔からいる人で、傍目から見ればよく働いてます。でもどうしてもアイツは批判的な目で人を見てしまうのね。そして自分が1番正しいと思ってやがる。


デイで働いてたときですけどね。〇〇〇〇さんがタバコ吸いにいったとき、

「タバコを吸う人だけ休憩がとれるって、おかしいと思いませんか!?」

ってわざわざワタシのところに言いにきてさ。

知らんがな (≧ヘ≦) 

・・・でもワタシも一応、先輩ですから。適切なアドバイスを送ってあげました。

「じゃー君も吸えばいいじゃない。」

したらアイツ、「すいません。」だって。初めてN本の口から『すいません』って言葉聞いた(゚ロ゚;) 思ったんだけど、『すいません』じゃなくて『吸いません』だったんだろうね (*・ε・*)


まーそんなこんなで結局最終日まで見つからないで済みましたけど。次の競艇、何ヵ月ぐらいして行ったのかな? もうアイツの姿はありませんでした(先輩は真面目に働いてました)。


しかしもー・・・アレですねぇ。アイツも今はもう仕事場では先輩として振舞ってるんでしょうね。時代の流れを感じるな~。

でもN本のことでは、まだムカついてることいっぱいあるんで。また機会があったら書かせてもらいます φ(゚皿゚メ)