しねしね談

無職のおっさんがなけなしの金を叩いてDVDを借り、夏休みでもないのに感想文を書いてしまいます。ジャンルは主に洋画と海外ドラマ、どちらも古いのが好きです。

映画や海外ドラマの感想いいながら『隙あらば自分語り』のブログです。

人はどうして哀しくなると 海を見つめに来るのでしょうか

答:競艇をするためです。

というワケで前回、大マジメに長々と書き過ぎましたが。今回はその続き。
果たして本来のテーマである『ボートレースの忘れられない1日』までたどり着くことが出来るでしょうか?



実は退職する1ヶ月くらい前に父の入院が決まりまして。それなら仕事辞めなくてよかったんじゃないか?と思われるかもしれませんが、さにあらず。

父の入っている病院と母の病院は家から真逆の方向にあり、また程なくして父が失禁するようになって週2~3で洗濯物を取りに行かなければならない(尿臭の染みついた衣類洗うのが大変!!)。

母は母で骨董壊死を起こし再手術、成功しても階段昇降は無理だろうということで。1階の店を住居に改築しなければならなくなり、そのための片付けとか。

あと2匹いる犬の1匹がボケてしまい、まーボケた犬がやることといえば大概汚いことですが、カレーを食べながら読んでいる人のためにその話は割愛。
もう1匹のほうは病弱でしょっちゅう病院に連れて行かなければならない。

・・・考えてみれば犬の世話はそれまで主に父がやっていたワケで。それも全部自分にまわってくるんですから。やることはいっぱいでしたね。



そんな折、いろいろとまたストレスが溜まることがあり、結果心臓病が悪化。風呂上りに気を失ってぶっ倒れ、ろっ骨を折ってしまいました。


・・・もうね。ここまでくるとね。完全に戦意喪失ですよ。レフェリーがいたら止めてますよ。

でも人生は終わらない。

だけどよっぽど憔悴してたんでしょう。見舞いにいった際、母が通帳を手渡し

「今月の年金を下ろしなさい。そしてその金で・・・競艇に行ってきなさい!!」

だって (゚o゚) 親の金で遊んで気分転換しろってことですか。いい母親じゃないですか  (´▽`)

「そういう悪いことが続くときは案外、博打で勝てるもんなんよ。で、勝ったお金で服を買いなさい。」

・・・は? (゚∇゚ ;)エッ!?

「あんたいっつもルンペンみたいな格好して見舞い来て。私、恥ずかしかとよ!!」

・・・そうでしたか。失礼しました ( ̄0 ̄;)



そんなワケで、まーその日はもう遅かったし体も痛いしで、真っ直ぐ帰って翌日行くことにしたんですけど・・・正直、自信は無かったんです。

というのもわたくし、その時点で競艇かれこれ何百回も行った経験の持ち主だったんですけど、仕事辞めてからはあんまり行っていなかったんです。

朝から競艇とかパチンコって、いかにも無職みたいで嫌じゃないですか。

そしてこれは自分の悪いスペックなんですけど、やらなかったら出来なくなる。極端にいえば自転車、しばらく乗らなかったから乗れなくなるみたいな。いやもちろん自転車は乗れますよ。例えばの話。

ただギャンブルとなるとやはり感が重要になってきますから。感がかなり鈍っているんじゃないかって思いまして。

ってゆーか自分、感云々じゃなく舟券の買い方忘れるタイプだった。あと久しぶりに行った場所、入口とかわからなくなるタイプ。

そんなんですから、勝った金で服買うどころか負けて身ぐるみ剥がされる可能性のほうが高かったんですけど。
まー気晴らし程度にテキトーにやろうぐらいの感じでね。軽い気持ちで翌日行ってみたんです。


boatrace1



久しぶりの競艇場は・・・そんなに感慨深くもなかったです。ってゆーかろっ骨が痛くて。

でも、感は鈍っていなかった。鈍るどころかむしろ久しぶりというのが幸いし、新鮮な感覚で見れるというか。もう展示見ただけでだいたいわかってしまうぐらいの神好調。

・・・しかしですよ。いざ舟券を買おうとすると母が電話をかけてくる。何度も何度も。最悪のタイミングで。

「あのね、母さん。俺が今、競艇場にいることは知ってるよね?」

「うん、だから手が空いてるやろから電話しよるとたい。」

「いや、すんなって。」

結構いい配当のレース、ふたつくらい買えなかった。買ったら当ってたのに。


で、一旦中止。ボートレース福岡は無料でお茶飲めるけど、ちょっとコーヒーでも買って。外の席に座って、ゆっくり遠目に見える海を眺めてたんです。

海はいいな。海には男のロマンがある。

ロマンよりマロンのほうが好きだけど。そいえば日活ロマンポルノなんてのもありましたね。

な~んてくだらないこと思いつくままぼんやり考えてたりして。まったりして午後のひとときをすごしていました。

そのうちコーヒーも飲み終わり、そろそろまた再開しようかなっと立ち上がって何気なく横を向いたところ・・・


少し離れたところに、昔好きだった女性が!!

いや正確にいえば現在進行形の、昔から好きだっている女性ですかね。


彼女は辞めた職場で一緒に働いていた人。といっても自分が辞める随分前に退職しています。

もう2度と会えないと思っていた人。最後に好きになった人です。


・・・なんで2度と会えない人をいつまでも思ってんねん!! 競艇と一緒!! ハズしたら次のレース!! 次、次っ!!

と思われる方も多いでしょう。しかしこれは、わかる人にはわかると思います。

というのもわたくし、その時点で結構な中年なんですね。で、恋愛にはもうあきらめが入っていたんです。

もちろん50になっても60になっても新しい恋する人もいますよ。でもそーいう人の多くは若いころからの恋愛が上手くいってた人・幸せな気持ちを味わってきた人。
逆にうまくいかなかった人・辛い思いをしてきた人は、ある程度の歳になると心が折れてしまうんです。

肌寒い木枯らしが吹く中

「俺、女性と縁がなかったな・・・。」

うつむいて少し寂しい笑みを浮かべたら、そこで終わりです。


でも、そんなモテない君たちにも誰かひとり忘れられない女性というのがいるもんなんですね。それがわたくしの場合、最後に好きになった彼女だった。


俺にはお前が最後の女ー♪(付き合ってないけど)

俺にはお前が最後の女ー♪(付き合ってもないのにお前言うな)


・・・しかしこれが残酷なのは、いわゆる次がもう無いもんだから。学生時代の淡い片思いとかとは違って、思い出に変わらない状態でいつまでも引きずってしまうんです。

たとえもう会えないとわかっていても、忘れようと思っても、夜、夢に出てきたりする。で、目を覚ますとまだ深夜2時か3時。真っ暗な部屋。どこまでも続く静寂。・・・このさみしさたるや。

眠れない夜と 雨の日には

忘れかけてた 愛が蘇らないで下さい!!


・・・しかし今、その大好きだった女性がそこにいる。夢にまで見た彼女が。いや俺の彼女じゃないけど。


というワケで次回は『フライング 飛翔 EP3』。

さあ『ボートレースの忘れられない1日』の始まりです!!

スポーツの映画というのもいろいろありますが、競技によってはほとんど無いものもありまして。
わたくしが好きなボートレース(競艇)・・・まースポーツというよりギャンブル的観念で楽しんでおりますが、そのボートレースの映画といえば自分の知ってる限りただひとつしかない。


その映画が『フライング 飛翔』。


・・・しかしこの映画タイトルがですよ。
『愛人~ラマン~』みたいに同じような意味の言葉をふたつ合わせたみたいなのが、な~んか個人的に気持ち悪くて。好きになれないんですわ。

まーそんなことドーでもいいとして。とりあえず自分、この映画観たことありません。当然のごとくレンタル店にはありませんでした。そもそもDVD出てるんでしょうか?

え? 「ググれカス。」って? いや死んでもググらん!!

・・・想像するに選手を目指す若者・もしくは選手の成長ストーリーなんでしょうけど。スポーツ映画って大概そんなもんでしょう?


ただね。選手にストーリーがあるように、客にもまたストーリーがあるんです。

自分も数えきれないほどボートレース場行って、いつ勝った・負けたなんていちいち覚えてないですけど、ただ1日だけ忘れられない日というのがあります。
正直かっこ悪い話で恥ずかしいんですけど。思いきって書きます。以下長文。



その日の話の前にまず経緯の説明を。
わたくしが仕事を辞めたことから始まります。

仕事辞めたといっても辞めたくて辞めたワケではありません。だからといってクビでもないですよ。
辞める前の年に持病の心疾患が悪化して、入院を余儀なくされたんです。自分でいうのもなんですけど相当悪かった。

で、入院予定日の前日。「これで助かった」と思うじゃないですか。

したらその日に母が転倒して骨折。父はその時点で半分ボケてて、母が入院した病院行っても話にならんいうことで。自分が入院を後回しにして、母が手術する日まで手続きやら付き添いやらすることになったのです。

この数日間・・・じゃなかったです確か。入院後回しにした結果、先に他の人が入院したものだから次の予定日が随分あとになってしまって。結構な日数でしたよ。

それがもう・・・苦しくて苦しくて。

手塚治虫氏のマンガ『ブラックジャック』にドクターキリコって出てくるじゃないですか。患者を安楽死させる医者。どちらかというと悪役として描かれているし、自分もそー思いながら読んでいたんですけど。

でもこのときばかりは・・・ってゆーかそのときから少し考え方変わったんですけど。ドクターキリコ、あながち間違ってないなっと。

ってゆーか

キリコでも貞子でもなんでもいいから、今すぐ俺を殺してくれ!!

思いましたというより願いました。


安楽死が正しいとか正しくないとかそんなことドーでもいい。死んだあとは何も無いのかあの世があるのか、それもドーでもいい。

遺品整理の業者さんから

「こんないい歳したおっさんでも押入れにエロ本隠してるんだ。」

と呆れられてもいいし、なんなら何冊か持って行け。

とにかくこの苦しみから解放してくれ!! と。


でもね。ドクターキリコも貞子もかやこも来てくれないし。

死にたいと思っても死ねないので。

いやリアルに、ホームセンターに首つり用の縄買いに行こう思いましたよ。
持ち前の行動力の無さのおかげでなんとか持ちこたえることが出来ましたけど。



その後、晴れて入院。検査が長引いて、結局3週間くらいいたでしょうか。

最近の病院は食事も美味しくてですね。オマケにその病院というか入院している病棟、若くて美人さんの看護婦さんしかいない。

・・・いや不謹慎で申し訳ないけど。エロ雑誌のエロ記事とかに、入院中看護婦さんが抜いてくれた  みたいな話載ってるじゃないですか。

むっちゃ期待した 心臓悪いのに

でも注射はやっぱりベテランさんのほうがいいですね。自分、血管が奥に引っ込んでる系の肉付きのいい体型ですから。もう何回打ちなおされたことか。針治療か!?ってツッコミ入れたくなるほど。


結局、看護婦さんたちとは何もなく退院 手術は行わず投薬治療を続けるということで落ち着きました。

もちろんその時点ではですね、まさか仕事を辞めることになるなんて思いもしませんでしたよ。母が入院してて家のこともしないといけないんで大変ではあるけど。過去にもそういう経験してましたから。


しかーし。

人生はーあなーたがー思うーほど 甘くーないー♪

なんとですね。長くひとりぼっちにさせたのがいけなかったんでしょう、半分呆け状態だった父が完全態にっ!!

これにはホントに困りました。
仕事から帰ってきたら家中煙だらけとか。何度も。父の昼食&父と自分の夕食のため朝急いで作った大量の鍋料理が紛失とか(これは未だ見つかっていない)。

元々無いラジオを「無くなった!!」と大騒ぎ。窓から外を眺め通行人を指さし「あいつが盗ったんだ。取り返してくる!!」と裸足で外に飛び出そうとする始末。そりゃもう必死で止めますよ。その様相がシンと上田の入場シーンのようで。親子で何やってんだか。


しかしそんな状態でも店は開けるんですから。ウチ床屋ですよ床屋。刃物扱う仕事ですよ。案の定、客の顔切ってトラブルですよ。

顔切られたお客さんのほうが穏便に「血の付いた服の弁償代だけでいい」って言ってくれてるのに、切った張本人はもう切ったことも忘れてますから。俺が平謝りして金払いましたよ。

もちろん仕事行く前に言うんです。「店は開けるなよ」って。でも忘れるだろうから、住居から店に入るドアに「店開けるな!!」ってでっかい張り紙もしてるんです。
・・・でもダメ。帰ってきたらしっかり営業中。まー元々常連さんしか来ない店だったからよかったものの、怖い人たちが来てたら今ごろドーなっていたことか。

・・・過去の母入院でも耐えられたのは、自分も父も万全だったからでしょうね。今回は病み上がりで仕事だけでもキツい。
それなのに父がこれで、加えて母の見舞いにも行かなきゃいけないし犬の世話もある。休日は炊事洗濯掃除からの母見舞いで、あってないようなもの。だんだん心折れかかってきました。

そんなときにですね。退職を決意する、とあることが起こったんです。

それを書くとまた長くなるので端折りますが、とにかく仕事していると何かあったとき対応出来ない。そうでなくても入院で有給休暇全部使いきってますから。欠勤が続くと職場に迷惑が掛かるし。

いやそれでも当然躊躇はしますよ。まず収入が無くなるし、歳が歳だから再就職も難しいだろうし。いい歳してドロップアウトっていうのも恥ずかしいような。

でも目先の不安さ・大変さから逃れたかった。少しでも楽になりたかった。

それで結局、退職届を出しました。院長からは「休職扱いにしてやろうか?」とありがたい言葉をいただきましたが、なんせいつ復帰出来るかわかりませんから(実際、今現在無職)。丁寧に断らせていただきました。


・・・ボートレースでの忘れられない1日言いながら、その1日にたどり着くまでどれだけかかるのやら。その1日にしても、いわゆる『長い1日』系の話になりますので。今回はEP1とし、ここで終わらせていただきます。次回はEP2。お楽しみに。

※追伸:過去に書き溜めた文章を校正&必要なら書き加えて公開しておりますが、今回の記事の内容とは別に、入院中・退院後に自分がどれだけ嫌な思いをさせられたか。もちろん職場関係ですが。それは今後、書くつもりでおりますので。乞うご期待。

はい、はじまりました。
無職のおっさんが、なけなしのお金で借りてきたDVD。そのタイトルと内容をあなただけにこっそり教えるブログ。

2021年2月に初記事投稿というね。中途半端に1が入ってしまうのがちょっと残念なんですけど。
映画と海外ドラマを中心に、面白いのもそーでないのも白日の下に曝け出してやりますので。今後ともドーゾよろしくお願いします。


さて、それでは参ります。当ブログが紹介する記念すべき第1回目の作品はコレです。



2020



・・・2021年になってまだ1ヶ月半ってことで。ぎりぎりアウトですか。
まーでも『2001年宇宙の旅』みたいに、未来設定が20年前でも名作っていう映画もありますから。この『2020』だってね、そーいう感じのいい映画かもしれな


否ーーーっ!!


・・・っていきなりdisってスミマセン。いやでも正直これ名作の類ではないし、第一時流が悪すぎる。

というのもこの『2020』いわゆるパニックものなんですけど。なんせ現実の2020年が大変でしたでしょう? それに比べるとリアル感がないというか嘘っぽいというか嘘話なんですけど。
ってゆーかむしろ5年後・10年後ぐらいに『2020』なんて聞いたらコロナの映画か?って思ってしまうくらいで。だから2020年過ぎた後からすると、かなり残念なタイトルというか。


んじゃーこの映画では大したこと起こらへんの?って言われたら、まーそーでもない。地震が起こって火山が噴火して津波が来る。


「わー、家が流される~!!」

「どーしてー!?」


「洪水のせいだよ~♪」


ってな具合。


で、その天変地異の原因が、なんかでっかいドリルが地球の中心まで穴を掘ってるってことで、

「助けてくださいっ!!」

って空港で叫ぶシーンは当然のごとく無いんですけど、まーつまりとにかくそのドリルが断層に悪影響を与えているってことなんでしょーか? よーわかりません。


でもそのドリルが穴掘ってるのみて、わたくしチョッと思い出したことありまして。
というのも・・・あの、学習マンガってあるじゃないですか。学研とかが出してるヤツ。それに

地球規模で見ると日本の裏側はブラジル。だから日本から穴を掘っていくといずれブラジルに出ますよ!!

とか描いてありまして。

で、それ読んだときにはまだ子供だったからなんとも思わなかったんだけど、成長するにしたがってブラジルのこと、いろいろ知っていくワケじゃないですか。

例えばリオのカーニバルとか。正直カーニバルはどーでもいいんだけど、その・・・すごい格好で女の人、踊ってますよね。

あとブラジルのビーチ。女性、みんなTバックじゃないですか。

・・・

・・・

・・・掘る? みたいな。


いやだからもしあんとき穴を掘り始めていたら、今ごろ世の中大変なことになってただろうなーってちょっと感慨深い気持ちになりましたとさ。




・・・えーと、なんの話でしたっけ? あ、そうそう2020。


いきなり急展開で話が進みますんで、最初何が何やらなのですが。
どーやら正義の味方みたいなオバチャンが主人公らしい。もうオバチャンが主人公って時点でどーなの?って感じなんですけど。

でもこのオバチャン役の女優さん、どっかで見たことあるような・・・。

「名前知らんけど有名な女優さんなんかな?」

思いながら観進めていくと、今度はオバチャンの娘が出てくる。
ホットパンツ姿で眩しい太ももが露わ、おっぴゃいも大きい。この娘さんが脱いでくれたら俺の評価も爆上がりなんですけど、残念ながらそういうシーンはありません。ありませんが・・・

「あれれ?? この娘さん女優も見たことある・・・。」

で、その娘さんのお父さん役も、名前知らんけど見たことあり。海外の俳優なんてよー知らん自分が知ってるくらいの人が何人も出てくる『2020』、もしかしたらとんでもなく凄い映画なのでは!?


・・・と思いきや。途中まで見てきて 謎は全て解けた。


わたくし、この『2020』1回見たことあるんだわ。

すっかり忘れてたんだけど、確か土曜深夜のローカル枠でやってまひた。テレビつけたらたまたまやってたみたいな感じで、題名も確認しないで見てたんだろけど。それでみんな見たことある俳優さんだったのね。

んじゃー1回見てるんだから内容わかってるよねってことで。ネタバレになりますけど。最後どーなるか言いましょうか?!

最後はですね!!

なんと!!



記憶にございません!!



すいません見ている途中で寝てしまったのか・・・いやそれすらも覚えていない。

というワケで最後まで見ました。で、最後どーなるかと言いますと

やっぱりよーわからん。

うん、なんか印象に残らんような終わり方というか。津波のときはどーするか?なんて格言みたいなことも言ってたような気もしますが、それもよー覚えてない。なんか爆弾みたいなの仕掛けていたような気もするけど・・・どーやったかな?


覚えているのは娘さんの太もものみ。


まーそんなんでね。現実の2020年もコロナでどこにも行けない・まして自分無職だから仕事にも行ってないってことで、あんまり記憶に残るようなことがない年でしたけど。この映画も同じく、記憶に残らない作品でしたとさ。


・・・何度も言うけど


娘さん女優が脱いでたら評価は違ってた。


監督さんもさ、撮ってて途中でわかるでしょ。

「これ面白くねーな。」

って。そーいうときは女優脱がさなきゃダメよ。いいセリフひとつ・見どころひとつあれば映画は変わりますから。あの娘さんが脱いでたらアカデミー賞獲れてたかもしれません。

それでは今日はこの辺で。次回は長編連続ものになる予定です。

↑このページのトップヘ