しねしね談

無職のおっさんがなけなしの金を叩いてDVDを借り、夏休みでもないのに感想文を書いてしまいます。ジャンルは主に洋画と海外ドラマ、どちらも古いのが好きです。

映画や海外ドラマの感想いいながら『隙あらば自分語り』のブログです。

「ブーカを辞めさせたら、N本も一緒に辞めてしまうかもしれない」

ビジンダーさん。これは元々、あなたの発した言葉です。

その言葉をワタシがねずみ男事務長に申し上げ、その上で「だからデイに、ふたり雇ってほしい」と。

・・・ワタシの意図、わかりますよね?

あなたに納得してもらうためです。

いや、これで納得してくれるだろうと思ったのです。ふたり辞めたとしても新たにふたり雇う。そうすれば人員数的には一緒です。

ブーカをクビにすること、あなたも認めざるを得ないだろう。そう思いました。


でもそれは理屈ですよ。


例え理屈は通っていても、感情的な部分であなたは納得しないかもしれない。

ブーカがクビになったことでN本も辞める。それはいい。

しかしそれで嫌気がさしたあなたが、万が一退職届でも出そうものなら。あなたまで、いなくなってしまったら・・・。


それが「即刻ブーカをクビにする」判断を鈍らせた、ひとつの要因です。

別にビジンダーさん、あなたのせいにするつもりはありません。ワタシに決断力がなかっただけです。


でもこの日、家に帰ったあと。いろいろ考えました。

どうやったら、あなたを納得させられるか? 

どうやったら、事を穏便に済ませられるか?

そこで思い付いたのが・・・新たに雇う職員ふたりのうち、ひとりは看護婦さんを雇用するようお願いする、ということ。

これだったらビジンダーさんも体調の悪いときとか、気兼ねなく休めるでしょう? 普段の業務の負担だって軽くなります。

ワタシだって看護婦さんがひとり増えたら・・・例えあなたが休んだとしても、もう病棟に応援のお願いなど、行かなくて済むのです。

本当に嫌だったんですよ、あれ(´;ω;`)


だけどこの、看護婦をもうひとり雇うということ。これもまた諸刃の剣で。

「ひとり(看護婦が)いるんだから、もう私、辞めていいよね~♪」って感じで。あなたがアッサリ辞めてしまうかもしれない。

そういう、ワタシにとって嫌な結果になる可能性も併せ持っていました。


なら、どうしたらいいだろう? どうやったら上手く物事が運ぶんだろう?


・・・その日だけじゃなかったです。しばらくの間、ずっとそんなことばかり考えてました。そして悩みました。

本来このブーカの件、訪問介護の問題なんですけどね。まわりがどーのこーのじゃないんですけど。自分が余計なこと、考え過ぎたのかな・・・。


ねずみ男事務長との密談のあと、すぐにでもブーカをクビに出来たのにしなかった理由。辞めさせたい気満々だったのに、その場で即決出来なかった理由。

もうひとつあります。


・・・今まで長々と付き合わせてしまってスミマセン。しかし時系列的にこの段階で、書きたいけど書いてない話、端折ってる部分。いっぱいあるんです。

ま、それはそれとして。ブーカとN本の話、もうすぐ終わります。

N本が辞めるときの話は、また別の機会に。

そして中断? 状況の『不倫編』も、あと1回あれば終わらせるのに十分だと思います。

今年中に全て書き終えるつもりです。とりあえず、あなたが辞める日の話までは。それまで読みに来ていただいたら幸いです。

太り始めてたんで、こんな動画作ってみたのですが。

 


ダイエットの必要なかったかもしれません。というのもワタシ、春先は必ず体の調子悪くなりまして。

おまけに今回、歯痛も重なり。それで痛み止め飲んだら、今度は胃もやられて。

キツい~~~(TДT)

おかげで痩せそうではあるものの、食べる動画の制作・及びブログの更新滞っております。

やわらかいモノなら食べられそうなんで、プッチンプリン何個食べられるか?
動画でも作ろうかいな?

・・・冷たいモノでもしみるんだった。打つ手なし(´;ω;`)

なぜワタシが、その場で『ブーカをクビにする』決断を下さなかったのか。

それは・・・

ブーカを辞めさせることによって、訪問介護事業そのものが運営できなくなってしまう。

・・・申し訳ない。

ワタシなんぞを所長にしてくれた院長先生に、申し訳ない。

そういう思いが脳裏を過(よぎ)って。それでブーカを辞めさせることに、躊躇してしまった・・・


のではありません。


どの道、無理だったんです。それは過去記事にも書いてますよね。

言いワケと捉えられても構いません。無理なものは無理なんです。

ならば1日でも早くブーカをクビにし、訪問事業所を閉じ。ワタシが正規のデイケアスタッフに復帰する。それが最善の策なのです。


以前から言われていたんです。ねずみ男事務長に。

「ブーカが訪問介護に行くことで、M病院の評判まで悪くなってしまう。」

ワタシも同じ考えです。そのブーカを辞めさせ、ワタシが『恥を忍んで』デイケアに出戻りし、誠心誠意で働く。

それが院長先生の気持ちに報いること。そう思ったのです。


N本のことも気ににはなってました。いろいろまた、うるさいだろうなって。
でもそれも大した問題じゃない。

今度のことは『病院の決定事項』なんです・・・実現していれば、の話ですが。

もし実現していれば、それは所長のワタシとねずみ男事務長、そして最終的には院長先生が決めたことなのです。

N本が何を言ってこようと、『院長先生が決めたこと』という大義名分があります。しかもこのときワタシは、それを口実にする気すらありませんでした。


自分で言うのもなんですが。ワタシは上品で、奥ゆかしい人間です。なので自分を主張するのは苦手です。

しかし『病院の決定事項』に異を唱えるなら。院長先生に逆らうと言うのなら。

ワタシは徹底的に闘いますよ。許しません。

そもそもN本にいろいろ言われる筋合いないです。ビジンダーさん、あなたは「ブーカを辞めさせたらN本も一緒に・・・」などと申しておりましたが。

ワタシは何より、そうなることを望んでいたんです。


それならブーカを即決でクビにしなかった理由は? 

ってゆーか、「院長先生に逆らうの許さん」とか言いながら。自分は逆らって、デイケアで働いてたよね?

そう思われてるかもしれません。

説明させてください。まず「院長先生に逆らってデイで兼務していた」ことについては・・・単刀直入に箇条書きさせてもらいますと


デイケア愛

そのほうがM病院のためになる

あなたがそうする様、電話してきた

デイケアを助ける白馬に乗った王子様気取り


それぐらいですかね。あ、あと・・・

ビジンダーさんのそばにいたかったから、というのもあります(●´ω`●)


そして本文冒頭に戻りますが。

なぜそのとき、すぐにブーカをクビにしなかったか?

その理由はふたつ。それは次回の講釈で。

↑このページのトップヘ