しねしね談

無職のおっさんがなけなしの金を叩いてDVDを借り、夏休みでもないのに感想文を書いてしまいます。ジャンルは主に洋画と海外ドラマ、どちらも古いのが好きです。

映画や海外ドラマの感想いいながら『隙あらば自分語り』のブログです。

拝啓 O嬢様。

あなたがM病院を退職してから、いったい何年の月日が流れたでしょうか。

ワタシがM病院を退職し、無職になって早7年。その間、何名かのM病院スタッフとは偶然出会ったりすることもありました。

しかしこのコロナ禍の中・・・O嬢、まさかあなたと再会出来るなどとは夢にも思ってもいませんでした。


O嬢、あなたがM病院に在籍していたとき、あなたはまだ20代前半か中ごろでしたよね。失礼ですが当時のワタシには、あなたは少し幼く見えました。

しかし再会したあなたは、見違えるような『大人の女性』になっていました。

・・・なんか聞きようによっては嫌らしく聞こえますよね。そもそもM病院時代、ワタシはあなたとほとんど関わっていないのです。

そのワタシから『大人の女性』なんて評価されても、気持ち悪いだけですよね。

どう思われても構いません。今の自分は無職です。社会には参加していないんです。社会性など必要ないのです。誰になんと思われようと、平気です。


まーそれはいいとして。O嬢、あなたに聞いてもらいたい話があります。

実は過去のワタシ・・・記憶障害のある『元〇〇チくん』が今年の4月の終わりくらいに、とあるブログを発掘するんです。まさに発掘です。

それはワタシが書いたもので、書き始めたのはあなたがM病院に就職する前か、就職した直後か。そのくらいの時期から結構長い期間、書き綴られています。

内容は主にパチンコや競艇、家であったことなどクダラナイものですが、その
当時に起こったM病院での出来事に関しても、率直に書き記されています。

記憶障害のある『元〇〇チくん』はそれを読み、事実を知り・・・いや、薄れていた記憶を取り戻したといったほうが適当でしょうか。

とにかく、がく然とします。

そして表舞台から降りる決意をします。『元〇〇チくん』は、ワタシに全てを託しました。そう、全ての記憶を持つワタシに、全てを委ねたのです。


ちょっと何言ってるかわかんない!!って思うでしょう。わからなくていいんです、O嬢もビジンダーさんも。これはワタシ個人の問題です。


さて、その「ひとりの人間を再起不能にまで追い込んだ」ほどのブログ、M病院で起こった出来事を克明に綴ったブログなのですが。

・・・もう10年くらい前の話になるんですかね。O嬢、あなたはもう覚えてもいないかもしれない。あなたのお喋りが招いたあの一件。

10年も前のことを何をゴチャゴチャ・・・と思われるかもしれませんが、まー聞いてください。


その一件に関して、ワタシのブログには如何に書かれているかというと・・・


何も書かれていないんです。

そのことが書かれた記事、ひとつもないのです。

一切そのことには触れてないのです。


なぜだかわかりますか? わかるワケないですよね。

その理由は・・・次回のお楽しみということで。全然楽しい話じゃないけど。



追伸:O嬢。あなたと再会さえしなければ、ワタシは前々回から続く一連の記事も、それこそ後に書くつもりだった、あなたのお喋り原因EPも・・・書かなかったかもしれない。

しかし。出会ってしまったのです。再び会ってしまったのです。これは運命だと思います。運命がワタシに、そのことを書くよう導いたのです。

ワタシは運命に従います。

なんで過去のことをいつまでも・・・と思われるかもしれませんが。ビジンダーさん同様、あなたにも話しましたよね? ワタシの現状を。

そう、ワタシには未来などないのです。ワタシにあるのは辛い過去だけです。

そんなワタシが出来ることといえば、O嬢、あなたのような人に、自分のやったことをわからせることぐらいです。

いわばワタシは『過去からの挑戦者』なのです。

O嬢の送別会。ハッキリ言って、どこでやったかすら覚えていません。

しかしその帰り、お酒の飲めないワタシが車で数名送ったのは記憶しています。

もちろん飲み会が行われた店から、家が近い順に送っていきました。そして最後に残ったのが・・・O嬢でした。

元々ほとんど関わりのなかった人です。そしてワタシは極度の人見知りです。

気まずい雰囲気になりそうだな・・・と、少しゲンナリしました。車内が無言の空間になりそうだな、と。


しかし、そうはなりませんでした。

彼女は聞きしに勝るお喋りでした。後部座席に乗っていたのですが、身を乗り出し・・・たかだか10分足らずです。その間に 全てを話しました。


「〇〇チさん、心臓悪いんでしょ? ワタシも悪いんですよ。」

から始まって、バナナが心臓にいいとか、でもバナナは嫌いとか(嫌いって言ったのはワタシだったかな? 嫌いだし)。

家族のことも話したでしょうか? そして。

「〇〇チさんも知っているんでしょう? あのこと。」


そう、彼女のお喋りが原因で引き起こされた一件。

実はワタシ、この件に関して『ある思い』を持っていたのです。けれども黙っていました。詳細を聞きたい気持ちはありましたが、敢えて無関心を装いました。

そんなワタシにO嬢は、事の顛末の全てを話しました。

本当にお喋りな人ですね。自分が責められても仕方のないようなこと、ベラベラと人に話してしまうんですからね。

・・・見習いますよ。見習います。彼女が饒舌なら、ワタシは饒筆とでもいいましょうか?

ワタシもこの『M病院物語』に知ってる限りの全てを書き、必ず世間に公表してやります。世間様に知らしめます。


それはいいとして。ここからが本題。

「〇〇チさんって前はデイケア勤務でしたよね?」

「そうだけど。」

「前にデイケアで働いているところ、見たことあるんですよ。」

「???」

聞くと・・・なんとO嬢、昔デイケアの面接を受けたことがあるのだそうです。ワタシが休みの日だったのでしょうか? 全然知りませんでした。

「でもそのとき、なんか変な人が近付いてきて・・・。」

「変ってどんな? 利用者? 職員?」

「デイの制服は着てなかったんですけど、働いてる人でした。メガネしてて体の大きい、なんか変な感じの女性・・・。」

体の大きい、変な感じの女性・・・。

「ドラム缶みたいじゃなかった? 体型。」

「ドラム缶?(笑) まー・・・確かに。そうでしたね(笑)」


ブーカだ!!


「その女性からですね、なんか変なこと言われたんですよ。」

やはり!! 

・・・まさに予期せぬ出来事でした。

予期せぬときに思いもよらない相手から、長年解けなかった『過去の謎』の答えを聞かされるのです。向こうから正解が、勝手に転がり込んできたのです。

ワタシは恋愛に似た『ときめき』を感じました。

いやO嬢にではなく、その出来事に対して。彼女が退職する、その直前ともいえる時期にそれを聞き出せた自分の運命に対して『ときめき』を感じずにはいられなかったのです。


ワタシは逸(はや)る気持ちを抑え、更なる真実に迫りました。

「変なことって? なんて言われたの??」

「なんだったかな・・・なんか・・・確か・・・。」

そう言いながらほんの少しの間、思い出そうとしていた彼女でしいたが。突然、驚いたかのように目を見開くと、斜め後ろからワタシの顔をジっと見ました。

そして、こう言いました。

「やっぱり覚えてない・・・なんだろう? 思い出せない・・・。」


思い出しとるやろう!! その態度は!!


でもミラー越しに彼女の顔を見て、とても普通でないと見て取れたのです。

なにか余程のことを言われたのでしょうか? いや余程のことでなければ、あんな表情はしないはずです。

けれどもそんな言葉あります?! いったい何を話せば、ただ面接に来ただけの就職希望者におかしな印象を与えることが出来るのでしょうか?

しかし実際に、就職体験に来てた女性や、勤め始めて間もない新人たちが、ブーカに何かを聞かされたあと突然来なくなってしまってるんです。


というワケで。もう一歩のところでしたが。結局この件、確証を得るには至りませんでした。

だけど再確認出来たことがあります。


ブーカの関与は明白です。


O嬢がそのときM病院に就職しなかったのは、ブーカのことが原因ではないらしいです。彼女は話すだけ話すと、車を降りていきました。



今回の記事、一応ブーカ関連の話でしたが。なんかO嬢中心の内容になってしまってますね。

ついでです。急いではいますが、次回もO嬢について書かせていただきます。

このブログは、ビジンダーさんに読んでもらう体で書かれています。しかし次回だけは違います。O嬢に充てて書かせてもらいます。

『M病院物語』を書籍化した暁には、あらゆる伝手を辿って必ず彼女を探し当てます。ストーカーみたい? それがなにか?

そして『M病院物語』、送り付けてやるつもりです。送料はワタシが払います。受け取り拒否されたら嫌なので。


O嬢・・・ワタシの『思い』知ってください。

え~っと、何から話しましょうか?

そうそう、過去記事にワタシ、こんなことを書いてますね。

〖M病院に勤めて幾年月。いろんなことがありました。ただ大概のことは、よくも悪くも自分の中で解決しています。いや、理解出来ているという表現が正しいでしょう。

そのとき『?』でも、その数年後に理由がわかった事例もあります。〗

・・・確かにそうなのです。例の「ws主任がデイケアには行くなと言った話」以外の不可解な出来事は、自分の勝手な思い込みで解釈していることもあるかもしれませんが、全て謎は解けております。


ただ、答えは出たものの、確信の持てない事実があるのも確かなのです。

そのひとつがこれ。

『デイケアに体験研修?に訪れた就職希望者や、勤め始めたばかりの新人が次々と辞めていく・・・というより突然来なくなってしまう』

・・・覚えていらっしゃいますよね? この件、その辞めた人たちと最後に接触しているのがブーカだったことから

「ブーカが病院の悪口を吹き込んだのではないか?」

という憶測だけで、ハッキリとした確証は得られないまま事態が有耶無耶(うやむや)になってしまった感があったのですが・・・。

ビジンダーさん、あなたはこの件について、何かご存知だったのではないですか? ブーカを庇って、真実を語らなかったのではないのでしょうか?

いや、もしそうであったとしても、それはそれでいいんです。ワタシはワタシで、その件について確信に迫るところまで行きましたから。

でもそれは、あなたがM病院を辞めて随分経ってからの話です。



実はこの『M病院物語』。ビジンダーさん、あなたが退職するところで物語が
終止符を迎える・・・ワケではありません。

主人公はワタシなのです。その後も話は続きます。

その後の話のひとつに登場予定の人物がいます。それがO嬢。作業療法士だったかなんだったか。とにかくリハビリ関係の資格を持つ女性です。

とはいえ彼女の仕事場は旧デイケア施設の作業療法室、そしてなぜか欠勤が多かったため、ワタシとの接点はほとんどありません。

おそらく、ふたりだけで会話したことなど1度もないはずです。退職する彼女の送別会の日までは。

ただそれはワタシと話さなかっただけで、基本的に彼女はお喋りです。誰彼構わず何でもかんでも人にベラベラと話してしまいます。

「へーえ。それって今のアンタと一緒じゃん?」

と思われるかもしれませんね。否定はしません。


彼女が登場予定の話、それはそんな彼女のお喋りが引き起こした『悲劇のストーリー』です。

しかし今回と次回の記事でその『悲劇のストーリー』、不十分なカタチながら
代替出来るかもしれません。


O嬢。彼女がM病院に就職してきたのは、ビジンダーさんが退職したあと・・・そうずっと、疑いもせず思っていました。

けれども今『悲劇のストーリー』を思い返してみると、登場人物は皆、ビジンダーさんがまだ在籍中にM病院で働いていた職員だったのです。

なのでもしかしたら、ビジンダーさんもO嬢と面識があるかもしれません。

しかしそれは正直どうでもいいことです。彼女が辞めたのは、確実にあなたが
退職したあとでしたから。


O嬢の送別会の日。ものの10分程度、いや10分足らずでしたが、ワタシは
彼女とふたりだけで対話する機会を得ます。

↑このページのトップヘ