しねしね談

無職のおっさんがなけなしの金を叩いてDVDを借り、夏休みでもないのに感想文を書いてしまいます。ジャンルは主に洋画と海外ドラマ、どちらも古いのが好きです。

映画や海外ドラマの感想いいながら『隙あらば自分語り』のブログです。

占いを信じない人からすると「なんのこっちゃ?」って話でしょうが。

十二星座の占いで、獅子座はドラマチックな人生を送ると言われています。


気管支炎でM病院に入院 ➡ 退院 ➡ 快気祝いの飲み会ときて・・・

そのあとワタシは、とある人物と再会します。

デイケア初代看護婦のY島さんです。

彼女はM病院近くのファミマ、その隣りにある脳神経外科で働いていました。自宅もM病院の近くなんです。

昼休みだったでしょうか。そのY島さんとバッタリ会いました。

・・・とはいえ、その前にも何回か会ってはいます。デイの車で病棟の患者を、彼女が勤めている病院に送ったことがあったんです。

Y島さんはワタシが、訪問介護事業所の所長になったことを知っています。


「どぉ~? 元気~??」

・・・Y島さんはM病院にいたころより、随分と明るくなってました(笑)。

「うん。まー・・・でも、なんかうまくいかなくてね・・・。」

仕事のことではそれ以上、話しませんでした。いや、話しても意味無いし。自分が惨めになるだけですから。

替わりにワタシは、こう言いました。

「もう、頭がおかしくなりそうだ。Y島さんが働いてる病院で、診てもらえないだろうか?」

「え~!?」

ですよ。そしてそのあと、ワタシはY島さんに教えてもらいました。


・・・ワタシは病院に勤めてはいましたが、そういうのには疎かったんです。

『脳神経外科』というのは脳血管障害とか、そういう脳や脊髄・神経の病気を、外科的に治療する病院だったんですね。

『脳神経』なんて言葉がつくものですから。ワタシはてっきり・・・そのときの自分のように、頭がおかしくなりかけの人間がいくところだと思ってました。


「そういうのは、精神科か心療内科だろうけど・・・。」

Y島さんも、困った感じでした。

「大丈夫なの?」

「う~ん・・・。」

・・・久しぶりの再会も、笑顔で別れることは出来ませんでした。


そして。状況の変化です。

ワタシとねずみ男事務長の関係。

ブーカをデイで兼務させるとワタシが決めたことで、生まれてしまったふたりの軋轢。それはもう、この時点では解消されていました。

しかし・・・しかしです。

実はこのとき、新たな火種が発生していたのです。


ビジンダーさん。ワタシはねずみ男事務長のこと・・・そんなに悪く思っていませんでした。

それはいろんなことがありましたよ。

ビジンダーさんがM病院にくる前です。ねずみ男事務長とブタゴリラ婦長。あのふたりが嫌で辞めていった職員、大勢います。

夜勤のシフトが組めなくなるぐらいですからね。相当なもんですよ。

でも、それはそれです。

決して悪い人ではないんです。それはデイのスタッフの中で、誰より長く一緒に仕事してきたワタシが1番よく知っています。

そしてねずみ男事務長もですよ。そんなにワタシのこと・・・そんなに嫌ってはいなかったと思うんです。


だけどそれを、まわりがおかしくしてしまうんです。

ブーカの件も元はといえば、N本がしつこく言ったことが原因です。そして今度の件もまた、別の人間のせいなんです。


ひとつ言っておかなければならないことは、この件に関しては

デイケアは一切関係ありません。

そしてブーカも・・・遠因にはなるかもしれませんが、直接アイツが何かやらかしたワケではないのです。

ワタシはブーカが大嫌いだから、なんでもかんでもブーカのせいにしてやりたいのですが。

この『M病院物語』はビジンダーさん、あなたに真実を伝えるために書いているのです。ワタシはあなたに嘘は言いません。

この件、ブーカはほぼ・・・関係ないです。


そういう、ねずみ男事務長とギクシャクした関係のときに。やり辛さを感じている最中に。

またしてもワタシに『運命の輪』をまわす機会が訪れます。

・・・いや、今度はそんな大袈裟な話ではないです。ただ、ある選択を迫られることになります。


選択を迫られる立場ですから。

当然ワタシ自らが、積極的に行動を起こしたワケではありません。

とある人物に、話を持ち掛けられたのです。そしてそれは・・・悪い話ではありませんでした。

ブーカとN本関連では、もっと酷いエピソードもあるんですよ。

でももう、それ全部書いてると 終わらないんで。

割愛して先に進めます。


気管支炎を患い・・・何週間くらい入院してたんでしょう? 結構、長かったと記憶しています。

退院したのがちょうど、夏真っ盛りのころじゃなかったでしょうか。程なくしてワタシの快気祝い、やりましたね。なんか高い焼き肉屋でしたか。


・・・元々、快気祝いじゃなかったんですよ。

普通の飲み会だったんです。それをワタシが、ワタシ自身が!!

「じゃー今日は、ワタシの快気祝いということでっ!!」

って。

自分で言わせないでくださいよ!!


何度も言わせてもらいますけど。ワタシは訪問介護事業所の所長様でございますです。

本来なら2階の訪問事業所で、ふんぞり返ってていいような立場なんです。それをビジンダーさんが「協力してくれ」って電話してきたかたら!!

・・・少しは労ってほしかったです。そういうの一切なかったですね。


・・・そんなふうに、恩着せがましく言うんだ。じゃー断ればよかったじゃん。それを今ごろになってグズグズ言って。カッコ悪い。男らしくない。

そう思われてるかもしれません。だから・・・

これも言いたくなかったんです(`ε´)

「じゃー言わないでくださいよ!!」ってブーカみたいなこと、言わないでくださいよ(=^▽^=)


で、そのニセ快気祝いですけど。乾杯のあとです。

ビールをク~っと飲んだN本、一息つくのも束の間。

「〇〇チさん、どうしてブーカさんのこと認めてあげないんですか!?」

またそれですか( ̄▽ ̄;)


あの・・・こっちは病み上がりなんだからさ。ってか他に話すことないのかね?

大体、認めてあげるも何もないんですよ。ただアイツが、おかしなことするから。それを他の部署の人たちから指摘されるから。

・・・仕方なく注意してるんです。所長だから。

こっちだって言いたくないの!!

そもそも関わり合いたくもないんですよ!!


散々、N本からそんな話聞かされて。もうウンザリですよ。

そしてN本が先に帰ったあと。ビジンダーさん、あなたからも言われました。

「あの子たちのやる気を大切にしてあげたい。伸ばしてあげたい。」

そんな内容でしたか。それでワタシが「どうだろうね。」と呟いて、あなたをムっとさせてしまった。確かそうでしたよね。

あなたはブーカやN本に慕われていましたから。それで目が曇っていたんだと思います。


その飲み会・・・いや快気祝いの数日後。あなたは、こうも言いました。

「もしブーカさんを辞めさせたら、一緒にN本さんも辞めてしまうかも。」

「ふたりに辞められたら、私も〇〇チさんも休めなくなってしまう。」

「いいのか? 私も〇〇チさんも持病がある。その病気が悪くなったとしても、休めなくなる。それでいいのか?」

はへ~。自分の病気のことまで言われたら、ワタシも言い返せないです。


だけど、おかしいですね。

ワタシはその時点で・・・その時点でですよ。

ブーカを辞めさせるなんて、ひとことも言ってないはずですよ。

それがどうして、そんな話になるんですか? アイツらから何か言われたんですか? それともビジンダーさんが、勝手にブーカを庇って??

いずれにせよビジンダーさん。あなたがブーカを辞めさせないよう、ワタシに働きかけたということは・・・裏を返せば

ブーカはクビになってもおかしくない人間

あなたもそう思っていた、そういうことになりませんか? 


・・・今さら言及してもしょうがないですね。

まーN本に関しては・・・結果的にそれが、彼女自身のクビを絞めることになりましたから。別にいいです。


このあと、少し状況に変化が起こります。

恐らくビジンダーさん、すた丼なんて食べたことないでしょう。

えー、動画内ではワタシ「この歳ですた丼はちょっとキツい」などと申しておりますが・・・

歳、関係ないです。


すた丼、発祥は東京です。そして福岡の店舗は今現在、新天町1軒だけです。

当然、東京の味をそのまま持ってきてるんですね。

合わないですよ、福岡の人間には。


あの・・・基本は丼物って、甘い味付けじゃないですか。天丼にしてもカツ丼にしても。甘いタレですよね。

その甘さが嫌いって人もいるでしょうけど。でもこのすた丼。ビックリしますよ。尖がってるんです、味が。

塩辛いのなんの。
しょっぱいんです!!


醤油の甘い福岡とは逆ベクトルなんですよ。そのしょっぱいニンニクダレで炒めた、脂身の多い豚バラ肉の丼ですよ。


・・・最初に勤めた会社でですね。東京支社か本社だったか。すぐ行くことになってたんです。

楽しみだったですね。東京での生活。ひとり暮らし。まー社員寮ですけど。

東京の食事にも興味ありました。スープが真っ黒いラーメンとか、うどんとか。どんなんやろ?って。食べてみたいな (´▽`) って。

だけどバブル崩壊の煽りを受け、会社は倒産。憧れの東京生活、まさに泡のようにはじけて消えて。東京の食事を口にすることもなくなりました。

それから十数年。福岡で食べた、東京発祥のすた丼。東京の味。こんなもんだったのか・・・って。

でも人生って・・・そんなもんですよね。


というワケで。ワタシからすると、涙なしでは食べられないすた丼ですが・・・

あのしょっぱさ、涙の味ですかね!! (´;ω;`)

しかし今回食べたの、すた丼ではありません。




これは美味しかった。うん。

すた丼屋やめて、唐揚げ屋になったら?? って思うぐらい。

・・・って、まだいろいろ書きたいんですけど。犬の散歩があるので、
今日はこの辺で。

動画、暇なときにでも見てくださいね。

↑このページのトップヘ