西新での飲み会の数日後だったでしょうか。

朝、なんでか知らんけどワタシは男子更衣室兼喫煙所のイスに座っていました。ws主任もいます。他にも数名いました。

誰も話などしていません。仕事前のひととき、マッタリ過ごしていました。


そこにS原さんがやって来ます。

「この前の飲み会のときの写真、出来ましたよ。」

と言うと、彼は1枚の写真をws主任に見せました。

それは・・・二次会カラオケ店での、フリンマンがws主任にキスしようとしてるところの写真でした。


バカなんですかね? あの人(=^▽^=)


ws主任は、すぐさまS原さんからその写真を取り上げました。そして怒りながらどこかへ行ってしまいました。

ワタシから言わせてもらえれば「やれやれだぜ」です。そして、ホッとした感情もありました。

これが・・・ws主任の立場が、ビジンダーさんじゃなくてよかったって。



ワタシの誤算は・・・フリンマンとws主任の不倫関係が、その後も延々と続いたことです。誤算というより、そもそも考えもしなかったことですが。

ふたりの交際は、あからさまでした。

院長先生の耳に入るころには、もうほとんどの職員が知っていたのでは?

もちろんワタシは、そのことには一切触れませんでした。敢えて『意識して』
ws主任とは普通に接するようにしていたのです。


フリンマンの奥さんは連日連夜、ねずみ男事務長に電話してきてたらしいです。離婚の話とか慰謝料の話とか。弁護士の紹介まで頼まれたそうです。

・・・そんな話を朝の送迎の際、毎日のように聞かされるのだから。こっちも堪ったもんじゃありません。

確かに情報収集はワタシの趣味みたいなもんでしたが・・・本当に

「やれやれだぜ」 でした。


そんな折、またしても飲み会が行われます。今度は院長先生の誕生日を祝う飲み会って・・・なんだそれ??

幹事役はフリンマンとws主任。なんとこのふたり、不倫の件で処分されるのを避けるため、院長先生のご機嫌をとるために飲み会を開いたのです。


はぁーーー ε=ε=('A`|||)

「やれやれだぜ」


意外と情けないヤツだったんですね、フリンマン。だってそうでしょう? もうここまできたら腹括(くく)るしかないでしょう!? 男やろうが!! (゚皿゚メ)

ちなみにワタシは、その理由を知らずに参加しました。ねずみ男事務長をはじめブタゴリラ婦長、そしてほとんどの病棟看護婦は参加していませんでした。


その翌日のことです。

ワタシはねずみ男から「昨日の飲み会には行ったのか?」と尋ねられました。

・・・こっちはなんも知らんワケですから。当然「はぁ。行きましたけど?」と普通に答えますよね? そしたらねずみ男事務長、


「そんな飲み会、行くなよ!!」


凄い剣幕で。いや、なんでワタシが怒鳴られなアカンねん?って。

あとで理由を知って。・・・まー、ねずみ男事務長の怒る気持ちもわかりますけど。それでもやっぱり

「やれやれだぜ」 ですわ。


結局その飲み会のせいで、ふたりは余計まわりから白い目で見られるようになったというか。

院長先生にしても、そんなことで処分を軽くするワケはありません。


ワタシみたいなのが、新規開設された訪問介護事業所の所長に大抜擢されたとき

「〇〇チくんって、もしかしたら院長先生の隠し子じゃないか?」

という噂をワタシ自身が面白半分で流したことがありましたが、実際は違います(当たり前か!!)。

院長先生は大学時代から副院長と交際をはじめ、そして結婚して現在に至るのです。一途で実直で真面目な人物なんです。

その一途実直真面目さは・・・おそらくワタシ以上でしょう。不倫など許すワケがございません。

とにかく、なんらかの処分が下されるのは明白でした。自業自得です。人の道に外れたことをしたんです。何もないほうがおかしいのです。

・・・そう思っていました。


しかしある日。ふと、ある思いが頭をよぎったんです。

「これってもしかして・・・ワタシのせい??」


元々はワタシが仕向けたことなんです。それがある意味、順調に進行していって・・・結果、このような事態に陥(おちい)っているのです。

全ての元凶はフリンマンです。そこだけは譲りたくないです。彼に同情の余地などありません。

だけどそんな気持ちも、ねずみ男事務長から処分の件の話を聞かされると・・・正直、揺らぎます。

そもそもワタシ自身は、フリンマンからなんの危害も受けてないのです。


そして・・・ws主任です。ねずみ男事務長からは不倫裁判の話も聞かされていました。慰謝料は100万円ほど払わされたんですかね。

ws主任はワタシに親切にしてくれた人です。


・・・長くなりましたね。続きは次回に。