デイケアで働いているころ。ビジンダーさん、あなたの行動に対してワタシは、1度たりとも!! 批判したり、異を唱えたりしたことはなかったはずです。

しかし喉まで出掛かったことはあります。今日はそんなEPをひとつ。


夕方の送迎。その帰りです。あなたは随分とご機嫌でした。

「〇〇チさん、最近いいことあったんじゃない? 彼女が出来たとか??」

「・・・。」

(彼女なんて出来るワケないでしょー、あなたのことが好きなのに(TεT))

ホントに泣きたくなりましたよ。そんな風に言われるってことは、自分は全くあなたから意識されてないんだな、って。それが身に染みてわかって(TεT)

でもそんな気持ちを抑え、ワタシは聞き返しました。

「どうしてですか??」

「それがね。私のまわりの人がみんな今、幸せになってるのー(=^▽^=) だから〇〇チさんも、なんかいいことあったんじゃないかなー? と思って(=^▽^=)」

・・・えぇ、おかげ様で。今とっても暗い気持ちなんですけどー(´;ω;`)

「まわりの人って? プライベートの知り合いとか??」

「ううん、地獄行きくんとブーカさん。地獄行きくん、彼女出来たみたいだし、ブーカさんにも彼氏出来そうなのよー(=^▽^=)」


「地獄行きくんに彼女!? ・・・それ、人間!?」

そう言ってあなたを一瞬、不愉快な顔させたこと。今でもよく覚えています。

確かに地獄行きくんの彼女は人間でした。

自己啓発セミナーの勧誘員、という人間。

あの当時はもうS原さん、いなかったのかな? いたらふたりで大笑いしてただろうけど。今どきそんなのに引っかかるヤツいるんだ!! って(^∀^)

・・・まー占いに傾倒しているワタシも、あなたから見れば同じように見られているかもしれませんけどね(笑)。


それはいいとして。ブーカです。

「ブーカに彼氏って?? どゆこと??」

「うん、ブーカさんにね、誰か男性を紹介してくださいって頼まれて。それでこの前、自分の知り合いの男性と会わせたのよー(=^▽^=)」


・・・ここですよ。ワタシがあなたに苦言を呈しようとしたのは。

といっても開いた口が塞がらなかったから。何も言えませんでしたけど。

いや、ワタシだけじゃないと思いますよ。ビジンダーさん、あなたが誰か100人くらいにその話をしたとして・・・

おそらく100人中100人、ワタシと同じ反応をしてしまうでしょうね。

そして思うでしょうね。

それはないわー( ̄0 ̄;) って。


ビジンダーさん、あなたね、その相手の男性には「女性を紹介する」って言ったんですよね? その名目でセッティングしたんですよね??

そこに

バケモノ連れて来てドーすんねん!?

ってゆーか、

やっていいことと悪いこと、あるんじゃないですかね?!

生意気言ってスミマセン。でもね、あなた 間違ってる。


ビジンダーさん、あなたが紹介してくれる女性なら、あなたほどではなくとも・・・まーそれなりの美人だろうと期待しますよ、男の立場だったら。

それがなんですか!? ブーカって。バケモノですよバケモノ。

世界中の男に聞いてみてください。究極の選択。ブーカと付き合うか、それとも死か。どっちを選ぶ? って。

多分、地球上から男性が消えるでしょうね。


言いすぎ、思われてるかもしれませんが。じゃー今度はあなたに問う。

ビジンダーさん、あなたは自分の息子に、ブーカを紹介したいと思いますか?? 自分の息子とブーカを、付き合わせたいと思いますか??

そういうことですよ。わかっていただけましたよね?


で、その後の展開は他でもないビジンダーさん、あなた自身が1番よく知っているとは思いますが。

個人的に凄い面白かったEPなので(^∀^) 今回はこの辺にして、次回またじっくり書かせてもらいます(^∀^)