フリンマンが依願退職する、というか「させられる」数日前のことです。

この段階で、ws主任も辞めることが決まっていたのか? 決まっていたとして、それをワタシが知っていたのか?

その辺のことについては、ワタシの記憶も定かではありません。

しかし、その日の自分の心情を思い起こすと・・・ws主任が辞めること。決まっていたし、知ってもいたんでしょうね。


デイの送迎が終わったあとか、ミーティングが終わったあとかは忘れました。

ワタシはタバコを吸うために、喫煙室兼休憩所の男子更衣室に向かいました。

ドアを開けると、そこには・・・フリンマンとws主任のふたりがいたのです。他には誰もいない、ふたりっきりでした。

ワタシは思わず引き返そうとしました。しかしそのワタシを、ふたりは引き留めます。

「なんで逃げるんだよ!?(笑)」「そうよ、タバコ吸いに来たんでしょ?! 入んなさいよ。」

本当に、腕を掴まれて引き戻されるカタチで。

そしてどっちかがさっきまで座っていた、男子更衣室にひとつだけある丸イス。そのイスに、半ば強引に座らされました。

座ってるワタシの右にフリンマン、左にws主任が立っているのです。その変な状態というか気まずい状況で、ワタシは 仕方なくタバコを吸いました。


しばらく、3人とも無言でした。ワタシも居たたまれない気持ちでした。


何度も同じ話をして申し訳ないですが、『運命の輪』を回したのはワタシです。

あの西新での飲み会の日。

ビジンダーさん、あなたに近付こうとするフリンマンをws主任に方向転換させ、結果的にくっつけてしまったのは・・・このワタシなのです。

そのときはまさか、こんなことになろうとは・・・思いもしませんでした。


フリンマンが、沈黙を破りました。

「俺、もうすぐ辞めるんだけど・・・〇〇チくんはココでがんばってよ。」

ws主任も続きます。

「そうよ。そしていつか、いい人を見つけて・・・。」

「いや、それは・・・。」

「大丈夫だよ。」

フリンマンは、ワタシを諭すように言いました。

「〇〇チくん、いいところいっぱいある。それがわかる人、〇〇チくんのこと理解できる人と必ず出会うから。そんなもんだよ。」

「そうよ。だから・・・がんばんなさい。」


・・・どこかで聞いたような会話です。フリンマンとws主任のセリフ、入れ替わってはいますが。

そう、油山山荘です。西新のお店じゃないんですね。元はといえば油山山荘です。そこから始まった話なのです。

「獅子座の人生はドラマチック」。アホかと思われるかもしれませんが、まさにそれです。

最初に油山山荘でふたりに励まされ。そしていろんなことがあって、最後にまた同じような内容の言葉で励まされる。それで綺麗に完結する。

なんかもう、取って付けたような。出来過ぎた話だと思いませんか?


それはそうと・・・

申し訳ない。

このとき、そう思いました。

自分の行い。フリンマンとws主任をくっつけようとしたこと。

後悔しました。

もちろん仕方がなかったことです。過去記事に書いてあるように、ワタシはそうするしかなかったのです。

しかしこんな結果を招いたとなると。しかもそのふたりに、温かい励ましの言葉をいただいたとなると。

・・・さすがに後ろめたさというか。罪悪感を覚えます。

加えて、やはり「申し訳なかった」と。謝りたいくらいの気持ちにはなります。


そして。

ワタシがこのとき後悔した理由。実はフリンマンとws主任、このふたりのことだけではなかったのです。


余計なことをするべきじゃなかった。

フリンマンがビジンダーさん、あなたにアプローチしようが、その後デイケアがどうなろうが・・・放っとくべきだった。

運命に身を委ねるべきだった。


・・・あのふたりに関係なく、なぜそんな心境になるのか。

それは前回の記事に書いた『バタフライエフェクト』。これに尽きます。

実は『バタフライエフェクト』。このとき既に起こっていたのです。